toughsmileの日記

ミニマリスト的日常をつれづれに書いていきます

ティファール 電気ケトル ダースベイダー

f:id:toughsmile:20180711193115j:image

私が使ってるのはティファールのケトル。Amazonで4000円くらいで購入しました。

 

前使っていたケトルはSANYOの物で、7年くらい使ってましたが、どうも調子が悪かったので、安くてある程度信頼できるブランドのティファールを購入。

SANYOってもう無いですが、デザインが優秀で好きでしたね。

バドミントンのオグシオはSANYOに所属してました。

 

話が逸れましたが、このケトルはその見た目から私はダースベイダーと呼んでいます。

 

そんなダースベイダーですが使って1ヶ月くらいで様子がおかしくなりました。それは加温のスイッチを押すと温まりきる前にスイッチがオフになってしまうことです。

この現象はAmazonのレビュー欄に少なからず書いてありました。

 

寿命短すぎだろと思いましたがその原因が推定できました。

 

ダースベイダーが壊れた原因は蓋を閉めっぱなしにしたことで、スイッチ部に水滴が溜まってしまい、加温の際に水が膨張し、膨張した水がスイッチを元に戻してしまうこと。

 

と考えました。

というのもスイッチ部に明らかに水滴が透けて見え、蓋を開けっぱなしにして1日放置すると、その水滴が消えたのです。

 

その後は問題なく最後まで加温できています。

 

ケトルを消耗品として見るなら十分コスパの良い商品だと思います。