Tough&Smile

🌻東京マイホーム在住29歳🗼ゆるい妻と産まれたての息子家族3人暮らし👪

ダイエットについて

ダイエットは人によっては一生のテーマだったりするのではないでしょうか。

 

私は生まれてから22歳(大学四年)まではダイエットと無縁の生活を送り、23(大学院一年)〜27歳(社会人三年目)までダイエットをやっていた期間がありました。

 

そして今は再びダイエットと無縁の生活を送ってます。

 

高校生まで

そもそも10代は代謝が良いので何食っても太りません。

 

大学四年生まで

とにかくバドミントンを激しくやっていたので太ることが無かったです。

しかも、恐ろしいことに、大学四年間で空腹を感じたことがほとんどないです。

常に食べていて、運動できる状態です。

この頃まで体重は51kgだったと思います。

高校生から±1kgくらいの上下はあったと記憶してます。

 

大学院〜社会人三年目まで

大学院に入ってなんか顔が丸くなったぞ!?とう感じで、最初は相当焦りました。

それはそうです。学部までは毎日のように運動していたのが、大学院になっては研究室中心の生活です。

これはなんとかしないといけないと思いました。

 

それから、私は極端なので、食事制限ダイエットをしてしまったのです。

食事制限は主に炭水化物抜きや朝食抜きなど色々試しました。

 

当然、食事制限だけでなく、運動も適度にしていました。しかし、食事制限をしたのが今思うと全く無駄なことをしていたなと反省します。

 

社会人三年目まではバドミントンは月に6回程やってました。

暇さえあればバドミントンです。

 

この時の体重は最大54kgくらいです。

 

社会人三年目以降(今の妻と付き合ってから)

心に余裕が持てました。

それまでは、外見を気にしてか、極端なダイエットをやる期間があったり、サボる期間があったりと、何とも不健康な生活をしてました。

 

妻と付き合って、三食しっかり食べ、規則正しい生活になりました。

ほぼ決まった時間に寝て、決まった時間に起きる。

手作りの食事を楽しむ。

ただこれだけで、みるみる痩せて健康的になりました。

 

同居を始めてからはそれに拍車がかかり、より規則的な生活になりました。

バドミントンは多くて月に2回程とかなり減ってます。

 

以前と変わったことは、

  1. 規則正しい生活に変わったこと
  2. 三食しっかり食べるようになったこと
  3. スポーツの頻度が減ったこと

 

この3つだけです。

三食しっかりというのは、沢山食べるとうのもありますが、毎食じゃなくても良いので五大栄養素を取るように心がけることです。

スポーツの頻度が減ったことは矛盾してるかもしれませんが、不必要に体を酷使して疲れさせるよりも、しっかり休養を取って体の調子を整えることが大事だったと気付かされます。

 

ちなみに、体重は49kgで、BMIは19台です。

 

全ての方に参加になるかわかりませんが、大事なのは無理しないことです。

とにかく体の声に耳を傾けて、本当に自分のやりたいことをやる。

休む時は休むを徹底すれば自然と痩せる(というか、そもそも体重すら気にならなくなる)と思います。

 

暑さが少し和らいできましたが、引き続き、熱中症には気をつけて、楽しく夏を乗り切りましょう!