Tough&Smile

🌻東京マイホーム在住29歳🗼ゆるい妻と産まれたての息子家族3人暮らし👪

BUMP OF CHICKENファン歴15年の私が語る【BUMP OF CHICKENの魅力とは】

中学2年生からBUMP OF CHICKENのファンです。私はいくつか好きなミュージシャンはいますが、私の中では最もファン歴が長いのはBUMP OF CHICKENということになります。2018年の29歳現在でファン歴15年です。

f:id:toughsmile:20180815132753j:image

 

BUMP以外の好きなミュージシャン

継続的に聴いているのは、Mr.Childrenです。私は邦楽も洋楽も聴きますが、ファンであるのはBUMP OF CHICKENMr.Childrenのみです。

 

ファンになったきっかけは車輪の唄だった

中学2年生の休みの日に弟のMDを聴いていたら、その中に車輪の唄が入っていました。私が中2の時は、アルバムとしてはユグドラシルまでリリースされていました。

 

youtu.be  

BUMP OF CHICKENの良さとは

車輪の唄を初めて聴いた時の印象を覚えています。当時聴いてた音楽の中では、中学2年の私にとって、圧倒的に情景が浮かんでくる歌詞とメロディーが、心を打ったからです。それまでは良いなと思う音楽は、私の中では単にメロディーが良いという点でのみ評価されていたと思います。

 

ユグドラシルや他のアルバムを聴いてみて

同時リリースされていたアルバムはFLAME VEIN、jupiter、THE LIVING DEADユグドラシルの4枚でした。TSUTAYAで4枚ともアルバムを借りて、MDに入れてWALKMANで聴いていました。特に感銘を受けた曲は以下の様になると思います。

 

彼らはひとつひとつの歌を大切にしている様に見えた

これは私がBUMP OF CHICKENを好きになるのにポジティブな影響を与えていました。彼らは同じ曲を異なるアルバムに収録することをしません。ひとつの歌を大切にする姿勢が見受けられ、このバンドは単にお金儲けのためにバンドをやってるんじゃないんだ!と関心していました。(正確には2013年にベストアルバムが出されていますが。少し私としてはモヤモヤしたことを覚えています。)

 

私が中2から社会人になるまでに彼らがリリースしたアルバムはわずか4枚だった

ここではベストアルバムはカウントません。

  • orbital period 
  • present from you
  • COSMONAUT
  • RAY

これらが、私がファンになってから大学院を卒業するまで、つまり約10年間にリリースされたアルバムです。どれも良い曲ばかり収録されています。

 

ちなみに私はRAYがリリースされる前の中だと以下の曲が好きです。

  • arrows 
  • ホリデイ
  • 銀河鉄道
  • 66号線
  • 宇宙飛行士への手紙

 

それからBUMP OF CHICKENは次のステージに

私がアルバムRAYを聴いたのは社会人になってからです。というのは大学院で神戸に住んでいた2年間はほぼミスチルしか聞いていなかったからです。この2年間でかなりミスチルが好きになっていたのです。

社会人になってRAYを聴いてから、あれ、これBUMP?って言う印象を受けました。虹を待つ人やrayはこれまでのどこかこじんまりとしていた音楽が外の世界に飛び出した様な、垢抜けた様な音楽に聴こえました。rayに至っては、初音ミクとコラボしたりと、新しいBUMP OF CHICKENに進化したのだと。YouTubeの書き込みを見ると、昔のBUMPの方が良かったというコメントを多数見ましたが、私は今のBUMPもとても好きです。継続的にファンを楽しませるためには新しいことをやらないといけないという、ファン思いの彼らの決断だったのかもしれません。


 

今後にも期待

2014年以降は新しいステージに立っている様に見えるBUMP OF CHICKEN。曲を出すペースも早くなってます。彼らは4人でディズニーランドに行ったりととても仲良しで知られていますね。是非、このまま仲の良いままで、最後までやりきってほしいと思います。陰ながら応援しています!